印象に残るLinkedInプロフィールを作り上げるための5つの方法

新しい仕事を探し始める前に、考えておくべきことがいくつかあります。中でも、ご自身をどのように表現し、売り込むかは非常に重要な要素の一つです。新たな職種へ応募するということは、採用担当者にあなたを見つけに来てと頼んでいるようなものです。第一印象は重要ですし、採用担当者があなたについて知ろうとしたとき、初めにたどり着く場所はおそらくLinkedInでしょう。これを念頭に置いて、あなたのスキルの一番良い部分をLinkedInプロフィールで確実に見せるためのヒントを以下でご紹介します。

 

  • 肩書きとサマリーを最新のものにする

基本的なことではありますが、あなたのLinkedInプロフィールを見る人々にあなたが望むことは、転職における適切な機会を提供してくれることでしょう 。肩書とサマリーが、あなたが望む職種や希望の勤務地を正しく説明していることを確認しましょう。この部分はあなたの雇用主になるかもしれない人たちがあなたのページを見たときに最初に目にする場所です。あなたがターゲットとしている層に向けられたものにすることが大切です。

 

  • ジョブディスクリプションで使われているキーワードを見極め、プロフィール内で利用する

採用担当者が感心するようなプロフィールを作り上げることは確かに大事ですが、彼らの目に留まることがないままでは何の意味もありません。あなたの職歴やプロフィールにキーワードを散りばめて、採用担当者にとってあなたのプロフィールを見つけやすいものにし、あなたの機会を広げましょう。LinkedInを最大限活用できるはずです。

 

  • URLをカスタマイズする

カスタムURLには、あなたや他の人がプロフィールをシェアしやすくなるだけでなく、見た目がすっきりするというメリットがあります。採用担当者に良い印象を与え、LinkedInの使い方に精通しているネットワーキングに優れたユーザーであるというイメージを持たせることが可能です。

 

  • 個人の興味や趣味について書く

多くの人は個人的な興味や趣味をLinkedInに載せることを控えますが、それらがあなたの業績を見劣りさせるものでない限り、載せるのを控えるべき理由は特にありません。仕事以外の課外活動への常識的な興味を示すことで、あなたがバランスの良い候補者であることを伝えることもできます。あなたの個性をさらけ出し、あなたをより魅力的に見せるのは決して悪いことではありません。

 

  • あなたのスキルや推薦が妥当かつ最新のものであることを確認する

他の人からの推薦はあなたの信用を高める上で非常に役立つ、生ける推薦状とも呼べるものです。いくつかの優れた推薦をプロフィール上にもらうことができれば、過去にあなたと一緒に仕事をしたことのあるチームメンバーがあなたについてどう思っているかを採用担当者に一目でわかってもらうことができますし、自分自身の言葉以外であなたを表現することのできるとても良い方法です。また、他の人にあなたの良さを語ってもらえれば、自分の良さについて自ら多くを語りすぎて自信過剰だと思われてしまう心配もありません。以前の職場の同僚に推薦をもらえるかどうか、躊躇わずに尋ねてみましょう。まずはあなたが他の人に推薦を書き込むところから始めてみるの良いかもしれません。

 

転職の各段階で採用担当者に素晴らしい印象を与える方法についてさらに詳しくお知りになりたい場合は、Computer Futuresまでぜひお問い合わせください。私たちのコンサルティングサービスを通じて、コンサルタントがあなたが探し求める仕事を見つけるお手伝いをいたします。