面接であなたを引き立たせる最善の方法

皆様が熟練の専門家であっても、社会人になったばかりであっても、面接は簡単なものではありません。正直なところ、足が震えたり、頭の中が真っ白になってしまうことのある面接を好きな人はいません。

先日、採用担当者に印象を残すためのレジュメの書き方のコツをご紹介しました。面接を控えた時の緊張を克服するには、準備をして臨むのが賢明です。以下では、面接をご自身が楽しみながら、面接官をあっと言わせるためのいくつかのヒントをまとめました。

 

言い淀むことのないように練習をする

当然のことながら、面接を不安に感じる人も多いでしょう。少しでも自信を持って挑むために、質問されそうなトピックやそれらへの回答を予め考えておくのはいいアイディアです。何もスピーチ原稿を用意しろと言っているわけではありません。ご自身としても、リハーサルを行ったかのような柔軟性のない印象を与えたいとは思わないでしょう。しかし、皆様が伝えたい点を明確にし、回答の中でAのポイントからBのポイントにスムーズに移行するにはどのようにすれば良いか、面接の前に考えてみましょう。ただし、事前に用意した考えを文脈にそぐわない場面に無理やり押し込もうとするのは禁物です。皆様の伝えたいことがトピックと関連があり、不自然でないかどうか、考える必要があります。大丈夫、自分の直感を信じましょう!

 

落ち着いて!そして自分らしさをさらけ出すことを恐れずに

自分らしくあることとプロフェッショナルであることのバランスは時に難しいですが、私たちが与えられる最善のアドバイスとしては、まずは落ち着きましょう。堅苦しく、そして過剰に会社員らしくある必要はありません。笑顔で、軽い雑談でも交わしながら、そして皆様に勇気があれば冗談の一つでも言ってみましょう。面接で皆様がどのようにチームに馴染めるかを相手に見せるのは、ご自身の素晴らしいスキルを伝えるのと同じくらい重要です。リラックスして臨めば、皆様の回答もより説得力を持つはずです。

 

会社について調べる

働きたいと思っている会社について知ることは、当たり前ながら非常に重要です。必要な情報を手に入れられるよう試してみましょう。その会社が最近ニュースで取り上げられたかどうか、また直近ではどのようなプロジェクトに取り組んでいるのかなど、数年前の古いデータや事実の代わりに、応募先の企業の現在の展望を面接での会話にうまく盛り込むことができれば、採用担当者に印象付けることができるでしょう。

 

経験を誇張しすぎない

面接では自分のスキルを飾り立てがちですが、その罠に引っかからないように注意しましょう。ご自身の経験を誇張して伝えたくなる気持ちもわかりますが、ほとんどの場合それは面接官にあっさりと見抜かれてしまいます。面接で誤解を招くのは、仕事を得るうえで何としてでも避けたい事態です。必要以上に自分を飾り立てるのではなく、正直に過去の成果について伝えましょう。実際の経験について語る方が、スムーズに、そして居心地よく会話に参加できることでしょう。

 

質問の内容が明確でない場合、聞き直すことを恐れずに

知識と経験が豊富なエキスパートとして見られたい面接において、ある話題への理解不足を認めるのは悪いアイディアに思えるかもしれませんが、実はそうでもありません。質問の意図を聞き直して明確にすることで、状況を吟味し、次に進む前に疑問を解決することを恐れない人物だということを示すことができます。実際に仕事に取り組む際には、タスクに取り組む前にそのタスクについて完全に理解していることが好ましいでしょう。面接での姿勢で実際の仕事への取り組み方を反映することができます。

 

レジュメと職務リストを釣り合わせる

皆様が順調に採用への駒を進めている場合、応募した職種の具体的な職務を包括的に書き出したリストをもらっているはずです。面接準備のためのよい対策として、このリストを見直し、皆様のレジュメとCVと職務内容をどのようにつなげることができるかを書き出してみましょう。ご自身のスキルが職務に釣り合っていることを面接で証明できれば、理想的な候補者として面接官の目に移ることでしょう。

 

希望年収は自分からは話題に出さず、でも聞かれたら答えられるように

面接で年収や福利厚生、休暇について面接で尋ねるのがあまりよいアイディアではないことは言うまでもないでしょう。しかし、面接官にそれらのトピックについて尋ねられた時に備えて、きちんと答えられるよう準備しておくのがよいでしょう。具体的に固まった数字を提示する必要はありませんが、ある金額以下ならばオファーを受け取らないという場合は正直に伝えましょう。率直に聞かれた際に尻込みしていては自分にとって損になるだけです。

 

事前に質問を用意する

このポイントは当り前が故に見落とされがちです。相手が何か質問はあるかと尋ねた際、当然ながら相手は皆様がが質問を用意していることを想定しています。しかしながら、聞きたかったことが面接の中ですでにカバーされている場合も多いでしょう。そこで、会話の最後に尋ねることが確実にあるよう、面接の中では触れられなそうな質問をいくつか用意しておきましょう。良い質問をすることで、熱意と洞察力のある候補者だと示すことができます。

Computer Futuresのコンサルタントはクライアントと深い信頼関係を築いているため、面接プロセスにおいて皆様に最適なアドバイスを提供し、正しくガイドすることが可能です。一般的な、誰にでも当てはまる転職アドバイスを与えるのではなく、採用担当者とのパイプラインによってどのような質問が想定されるか、またマネージャーがどのようなことを知りたいと思っているかを特定し、面接官に最高の印象を与えるためのアドバイスをいたします。私たちの転職における相談サービスについてさらに詳しく知りたい場合は、今すぐお問い合わせください。