円満に退職する8つの方法

新しい仕事のオファーを受けましたか?おめでとうございます!しかし退職というのは時に気まずいものです。これまでの仕事をとても気に入っていた場合も、そうでない場合も、後を濁さずに旅立ちたいものでしょう。先日、新しい職種に応募する際、LinkedInプロフィールCVそして面接のプロセスでよい印象を与えるためのヒントをご紹介しました。このプロセスを経て夢の仕事を手に入れた際、今の職場を円満に去るための8つのヒントを以下でご紹介します。

 

1. 退職をマネージャーよりも先に同僚に伝えない

新しい仕事が決まった暁には、そのニュースをチームのメンバーに伝えたくなる気持ちもわかります。しかし、上司と話をする前に同僚に伝えるのは避けた方がよいでしょう。一般的な礼儀の問題でもあります。あなたのマネージャーがあなたが退職することを噂で聞いた場合、どのように思うでしょうか。気まずいだけでなく、極めて失礼に当たるでしょう。人づてに退職を耳にするのは、仕事上の関係を終らせる上で避けたい出来事です。チームに伝えるのは、上司と話をするまで待ちましょう。

 

2. 同僚との関係を断ち切らない

最後まで誠実に、離れる職場でも手伝えることがあれば可能な限り手伝いましょう。あなたの周り今までには築いてきた同僚のネットワークがあり、今後何らかの形でまた関わる日が来るかもしれません。あとにまで残る良い印象を残すことは、非常に価値のあることです。

 

3. 十分な余裕をもって退職を伝える

法律上では退職の告知後一定の期間のみ働けばよいことにはなっていますが、礼儀の点から考えてみても、全てを投げ出していなくなるのは決してよいアイディアではありません。もちろん、告知期間後も働く義務はありませんが、あなたがいなくなった後にあなたのチームが困り果ててしまわないよう、退職前にできる限りのことをするのがよいでしょう。チームがあなたの後任を見つけるまでの間、必要以上に物事を大変にするのはあなたの望むところでもないはずです。

 

4. 引継ぎを終わらせる

転職をする際、引継ぎを完了させるのはビジネスの上で当然の慣習です。可能な限り詳細に、多くの情報をあなたの後任者に伝えましょう。

 

5. 最後まで前向きに

現在の仕事や職場に対するあなたの感情がどのようなものであれ、最後の日々を明るく乗り切ることができれば、前向きな気持ちで退職することができます。あなたが現職からどのようなことを学んだかを話し、会社で過ごした時間で得られた良い点に目を向けましょう。

 

6.  同僚の連絡先を確認する

新しい仕事に就いた後も、前職での同僚に連絡する必要がいつ生まれるかわかりません。今まで築いたネットワークをきちんと保っておくのが賢明でしょう。あなたの個人用メールアドレスを伝え、LinkedInでつながっておくようにしましょう。

 

7.最後まで職務を全うする

退職前の数週間、ダラダラと過ごすことのないように気を付けましょう。あなたの同僚や上司が、あなたのスキルだけではなく、仕事への取り組み方や勤務態度についても後々まで良い印象を持ってくれるようにしましょう。

 

8.  レファレンスをお願いする

もしあなたが円満に退職したのなら、雇用主から心強いレファレンスをもらえるはずです。仕事を離れる前にレファレンスを頼みましょう。LinkedIn上でも推薦をもらうことができれば、あなたがどれだけ優れた人物かを公に示すことも可能です!

Computer Futuresでは、あなたが新しい仕事に就く道のりの各段階で手助けをいたします。 そして無事転職が決まった際には、次のステップに進むためのお手伝いもしております。高い専門性を持った私たちのリクルートメントチームが提供する相談サービスについてさらに詳しくお知りになりたい場合は、ぜひ私たちまでお問い合わせください。​