Security Days東京 参加レポート

Computer Futuresは先日丸の内KITTE JPタワーで開催されたSecurity Days 東京に参加いたしました。Security Daysへの参加は今年で3年目となり、すでにお付き合いいただいている方や今回初めてお会いする方、多くの方とお会いし、皆様の近況やサイバーセキュリティ領域の最新動向に関する情報交換ができる非常に貴重な機会となりました。

今回のSecurity Days東京は3日間で11884名が来場し、大いに盛り上がりを見せました。セッションでは業界をリードするスピーカーの方々が多岐にわたるトピックについて見解を披露しました。中でも立ち見が出るほどの盛況ぶりを見せていたいくつかのトピックを以下で紹介いたします。

 

IoT

5G社会の実現を目の前にして、規模や形態を問わず多くの機器がネットワークとつながっていく中で、セキュリティが比較的脆弱なIoT機器がサイバー犯罪の入り口として狙われるケースが今まで以上に増えていくと考えられます。事実、総務省の統計によると、IoT機器を狙ったサイバー犯罪は全体の半分以上にも及ぶと言われています。各企業はまずどこにリスクがあるのかを把握し、現在あるリソースをどのように活用できるのか、それが難しい場合はどのような対策を講じる必要があるのかを明確にしていくことが求められます。

 

リモートワークとセキュリティ

過去数年にわたり推進されてきた働き改革。東京オリンピック・パラリンピックを見据えて混雑緩和のためにリモートワークを導入する企業が増えています。そして現在、コロナウィルス対策として多くの企業が一定期間、従業員のリモートワークに切り替えを行っており、まさにリモートワークの真価が問われる状況となっています。

このような流れが見られる中で、リモートワーク時のデータ保護やセキュリティをどのように実現するか、多くの企業にとって課題となっています。事実、急ピッチでリモートワークに必要なシステムを導入し、セキュリティ対策が手薄になっている企業も多く見受けられます。リモートワークで使用するデバイス、システム、そして認証法など、すでに成功している事例やソリューションを参考にすることで、柔軟性が高いと同時に安全な方法を選定してく必要があると言えます。

 

サイバーセキュリティ人材不足

アクセスポイントやクラウド上のデータ量が増えるほど便利になることが多い一方、セキュリティ対策への投資や攻撃を受けた際のリスク、ダメージも大きくなるため、各企業にとってはゴールの見えない取り組みとなり得ます。サイバーセキュリティへの重要性は今後増す一方であり、今回お話しした方々の中にも、元々は別の業界で基盤を築いている企業がサイバーセキュリティ事業に新規参入したケースや、IT企業ではなくても企業内にサイバーセキュリティーチームを新設したケースなどを耳にし、当該分野の盛り上がりをより移送感じることができました。

一方で人材不足は引き続き深刻であり、需要と供給が乖離している現状が見られます。先述のIoTをはじめ対象とする機器が増えることや、攻撃の多様化に伴い、的確なスキルや経験を持った人材を見つけることはますます難しくなっていくことが予想されます。

同じくスポンサーとして参加されていた はサイバーセキュリティ関連の資格取得のための研修を提供しており、東京オリンピックに向けて官公庁からの受講者が増えていると話されていました。

このように日本政府もサイバーセキュリティへの取り組みには力を入れており、民間企業からの有識者を募って意見交換を行っているものの、政府と民間の差はまだまだ大きいと言わざるを得ません。日々目まぐるしく状況が変わり、可能な限り多くの才能や知見が必要とされる分野だからこそ、人材育成や配置にかんしても、今後様々な垣根を超えた協働が今まで以上に重要になっていくと考えられます。

 

Computer Futuresにご相談ください

人材の獲得でお悩みのことがございましたら、日本で唯一サイバーセキュリティ領域専門のチームを持つ弊社までお気軽にご相談ください。サイバーセキュリティ領域のコミュニティや市場に精通したコンサルタントがお力添えさせていただきます。

サイバーセキュリティ業界の皆さまとの情報交換の場として、定期的にCyber Security Meet-upも開催しておりますので(2月27日現在、コロナウイルスの影響で次回開催は未定)、ご興味がおありの方はページ下部のフォームからお気軽にご連絡ください。

 

 

スキルや経験を活かした転職をお考えですか?または高いスキルを持つ人材をお探しですか?Computer Futuresにお任せください。

このフォームを送信することで、弊社のプライバシーポリシーに沿って個人データが取り扱われることに同意したものとみなします。