オンライン面接を成功させるための5つのヒント

新型コロナウイルスの流行が世界中で拡大し、各国でロックダウンをはじめとする政策が実施されるなか、多くの企業はオンライン面接によって求職者の評価を行うようになっています。

便利な面もありますが、これによって多くの求職者は採用担当者と一度も直接会うことなく、その仕事になぜ自分が適しているのかを示さなければならなくなりました。

オンライン面接は決して新しい概念ではありませんが、特に今後数か月の間、多くの人々がさまざまなビデオ会議プラットフォームを通じて初めてのオンライン面接に挑戦することになるでしょう。

初めての機会に怯んでしまうことのないよう、当社の経験に基づいてオンライン面接を成功させるためのヒントやアドバイスを以下でご紹介します。

 

1. 事前の準備を必ず行いましょ

いかなる企業においても、適切なスキルを持った意欲のある社員の存在は、企業を成功に導く上で欠かせない存在です。そのため、面接という限られた時間で、募集中のポジションに対して自分こそが最も適した人物だと示せるよう、入念に準備をしておく必要があります。

面接前に企業研究を行い、想定される質問への回答を考え、面接官に対する質問をいくつか用意しておきましょう。

採用担当者と直接対面するのではなく、自分のコンピュターの前に座って行う面接におけるメリットのひとつは、メモや関連する書類を用意しておけば、面接の間にも適宜参照できることです。想定される質問への回答を事前に練習しておくとともに、リマインダーとなるメモを使って面接中に明確かつ詳細な回答ができるようにしておきましょう。

 

2. 面接が長引いた場合に備えて、余裕を持って予定を組みましょ

面接の多くの場合時間厳守で行われますが、ときには面接が想定していたよりも長引くことがあります。

設定された時間枠に対して十分な時間を設けることはもちろん、面接の前後にも余裕を見て予定を組んでおきましょう。これによって、面接の前には直前の準備をすることができますし、面接が長引いた場合でも柔軟に対応できます。

 

3. 可能な限り静かで邪魔の入らない場所を見つけましょ

面接がオンラインで行われる場合は特に、大きな音や背景にいるほかの人々の存在が面接の質に悪影響を及ぼす恐れがあります。可能であれば、邪魔が入らない状態で面接ができる部屋を用意しましょう。

しかし、小さい子供やほかの家族がいる自宅から仕事をしている人が多いなか、面接を行う静かな場所を見つけることが難しい場合もあるでしょう。邪魔が入るかもしれないとわかっている場合は、面接の前に面接官に連絡し、事前に皆様の状況を伝えておきましょう。

 

4. 心の準備を行いましょ

面接が始まる前に数分間の時間をとり、ご自身の考えを整理し、どのように面接に臨むかについて明確なイメージを持ちましょう。面接のために準備した内容を踏まえて、聞かれる可能性のある質問にどうやって答えるかを考え、皆様の雇用主になるかもしれない会社について何を知りたいかを考えましょう。

 

5. リラックスし、個性を見せることを恐れないようにしましょ

面接中は、リラックスしているほうがより良い成果を残せます。ご自身の経験やスキルを伝えると同時に、チームの一員として適応できることを示すことも大切です。面接中は笑顔を作り、雑談もするようにしましょう。勇気があれば、冗談の一つを言ってみても良いでしょう。

 

Computer Futuresでは、オンライン面接の準備や練習などもお手伝いさせていただきます。お気軽にご相談ください。

 

最新の求人はこちらからご覧ください。

最新の求人を見る

 

ご希望の求人が見つからない場合は、以下からCVをご登録ください。ご経歴に最適な求人が見つかり次第ご連絡させていただきます。

CVをアップロード

 

Computer Futuresへのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

 

新型コロナウイルス関連情報ページへ戻る