Computer Futuresが見る採用動向の変化

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、皆様やご家族ご友人の皆様が安全に過ごされていることを心より祈っております。感染の拡大は私たちの日々の暮らしに大きな影響を与えているばかりではなく、経済活動へも深刻な影響を与えています。企業の経済活動の一つの指標とも呼べる採用活動においても変化が起きています。

自然災害とは異なり経済活動復活の見通しをなかなか立てることができない点や、一国の問題ではなく世界的な危機であることから、企業も今後の事業計画について今すぐに判断をすることが難しい状況です。その結果、外資系企業や大手企業では一旦採用を取りやめとしているところも多いという印象を受けます。特に、旅行業や観光業、外食産業、また小売業など、自粛によって需要が急激に落ち込んでいる業界は大きな苦戦を強いられています。

一方で、先日エンジャパンが発表したアンケート結果では「半数以上が採用を続けている」との回答が85%となり、業種や企業の規模によっても大きな違いが見られるようです。

とはいえ、全体で見れば募集求人の数が減っていることは否定できません。その一方で、求職者の側に目を向けると、以前から転職を考えていた方に加え、今回の件が働き方やご自身の理想のキャリアを考え直すきっかけになった方など、転職を考える方の数はむしろ増えている傾向が見られます。

 

採用動向の変化

通常、日本の転職市場は、募集求人は多いものの求職者が少ない、つまりどの企業においても人材が不足している状況が一般的です。この背景には、以下のようないくつかの理由が挙げられます。

  • 社会の少子高齢化による労働人口の減少
  • 今でも残る終身雇用制度の影響によってそもそも転職を考える人が少ない
  • ジョブ方雇用ではなくメンバーシップ雇用を行う企業が多く、社内でもスペシャリストよりもジェネラリストを育成する傾向にある。一方、企業の中途採用では多くの場合高いスキルや専門性を持つ人材が必要とされるため、適任者を見つけづらい。

そのため、転職を考える方にとっては比較的有利な、いわゆる売り手市場の状況にあったということができます。

しかし、現在のように多くの企業が採用を見合わせており、募集中の求人が減っている状況においては当然このバランスにも変化があり、一般的には欧米諸国で見られるような、転職を考える人は多い一方で求人の数が少ないという、いわゆる買い手市場の様相が日本でも見られます。

 

これが意味することとは?

現在転職をお考えの方にとって、この変化はどのようなことを意味するのでしょうか? 代表的な例を以下にまとめます。

  • CVの完成度が今まで以上に重要に

求職活動における第一印象となりCV。一つの求人に応募する人数が増えれば、一人あたりのCVを見るのにかける時間も必然的に短くなるでしょう。そのため、ご自身の経歴やスキルをいかに簡潔に、効率よく採用担当者に伝えるかを今まで以上に意識する必要があります。場合によっては応募する企業や職種によってCVをカスタマイズする必要もでてくるかもしれません。ご自身のスキルや経歴を応募する職種でどのように活かすことができ、企業にとってどのような付加価値を持つのか。可能な限り簡潔にこのポイントを伝えることに注力をしましょう。CVの書き方のコツについてはこちらの記事で詳しくご紹介しております。また、弊社コンサルタントにもお気軽にご相談ください。印象に残るCVを作るためのお手伝いをさせていただきます。

  • 要件を確実に満たすハードスキル

現在積極的に採用を行っている企業でない場合、この時期に採用する人物は企業にとって間違いなく財産となる人材である必要があります。また、現在成長中の企業で急募のかかっている職種の場合、今後の企業戦略において欠かせない人材であり、入社して即戦力となる人材を求めています。いずれの場合においても、企業側は求める人物像を通常時よりも明確に持っている場合が多く、ポテンシャルに期待するというよりも、職務経歴書に書かれている経験やスキルなどの要件をきちんと満たす人材を優先的に検討するケースが多く見られます。各種資格試験やオンラインコースなどを受講し、ご自身のスキルを証明できるものを積み上げておくのも良いかもしれません。

  • 今までとは異なるソフトスキル

入社が直近の場合、リモートでのオンボーディングや当面在宅勤務となる可能性があるため、上述のハードスキルはもちろんのこと、一般的なコミュニケーション能力やデジタルリテラシーなどのソフトスキルも、即戦力として活躍する上では欠かせないものとなります。対面でコミュニケーションができない分、メールへの返信をこれまで以上に意識してこまめに行ったり、オンラインでのコラボレーションに欠かせないツールの使い方を把握しておいたりと、新たな働き方に柔軟に対応していける姿勢を示すことも非常に大切です。

 

採用を続けている分野や業種

先述のように、IT分野においても採用動向は業種や職種によって大きく異なります。Computer Futuresが担当する領域において、安定して採用が続いている職種の代表例をご紹介します。

  • ソフトウェアエンジニア

以前から深刻な人材不足が叫ばれていたエンジニアなどのテクニカルポジションは、現在でも大幅な採用縮小は見られず、安定して採用を続けている企業が多く見られます。

  • インフラストラクチャーエンジニア/マネージャー
  • 社内IT (主にSalesforceやビデオ会議システムの導入など)

デジタル化やリモートワークに必要なシステムの構築、導入を急ピッチで進めている企業が多く、これらの職種は急募として出るケースも見られます。

分野としては、巣篭もりによって需要が高まっているEコマース領域や、動画配信プラットフォームなどのエンターテイメント領域、また前述のようにリモートワークを可能にするためのツールやプラットフォームを提供している企業においては引き続き採用を行なっている様子が見られます。また、大手企業やグローバルに展開する企業とは異なり、スタートアップ企業においても継続して採用を行なっている傾向があります。

Computer Futuresは今後も引き続き状況を注視し、市場の様子を見据えてた上で最適なアドバイスを随時提供してまいります。採用担当者の印象に残るCVの書き方や、今後のキャリアプラン、実際に転職活動を始めるとしたらどのタイミングが良いのかなど、ご相談がございましたら以下のフォームからお気軽にご連絡ください。

 

最新の求人はこちらからご覧ください。

最新の求人を見る

 

ご希望の求人が見つからない場合は、以下からCVをご登録ください。ご経歴に最適な求人が見つかり次第ご連絡させていただきます。

CVをアップロード

 

新型コロナウイルス関連情報ページへ戻る