オンライン上のプロフィールを築く

キャリアを築き上げていくために、インターネットを最大限活用するにはどうしたらよいでしょうか? 転職、採用活動の大部分がオンラインで行われるようになった今日、オンライン、特にLinkedInをはじめとするソーシャルメディア上での皆様のプロフィールは非常に大きな意味を持ちます。

実際に、企業の採用担当者やヘッドハンターは良い候補者を探すために多くの時間をオンライン上での情報収集に費やしており、皆様のプロフィールが目を引くものであれば、自分から何かアクションを起こさずとも良い機会が転がり込んでくる可能性すらあるのです。

以下では、インターネット上で信頼できるプロフェッショナルとしての印象を作るための方法をご紹介します。転職市場に身を置いた際に真っ先に人々の目に留まるであろうLinkedInのプロフィールを磨き上げる方法についてはこちらの記事でご紹介しています。

 

インターネット上の評判はなぜ必要か

インターネット上で特に何も活動をしておらず、名前を検索しても何も情報が出てこない場合、皆様は自分をアピールする大切なチャンスを逃しています。候補者についてGoogleで検索をすることは、今や採用担当者やヘッドハンターの活動の欠かせない一部となっていると同時に、ソーシャルメディアの活用は多くの企業のビジネス戦略にとって非常に重要なものとなっています。簡潔にまとまったLinkedInのプロフィールを作成し、自分の意見や考えを積極的に発信することで、ご自身のスキルと実績のみならず、業界に貢献し、ソーシャルメディアの活用方法に精通しや人材であることをアピールできます。

 

インターネット上の自分の評判をモニタリング

オンライン上でのプロフィールを作り上げるためには、一度プロフィールを書いたら終了というわけではなく、定期的に自分から発信をしたり、話題となっている記事をシェアしたりと、継続的なエンゲージメントが必要となります。

現在では誰しもがオンライン上に自分の足跡を残しています。FacebookTwitterLinkedInをはじめとするソーシャルメディアプラットフォームに掲載しているプロフィールもそうですし、企業のブログやウェブサイトに投稿したコメントもオンライン上の足跡です。

また、プライベートとビジネスの境目がますます曖昧になってきており、インターネット上で積極的に活動すると同時に、自身のオンライン活動を公私にわたってモニターすることが必要となります。上司や会社に関する不適切なコメントをソーシャルネットワークに投稿したために仕事を失ったケースもあることから、インターネット上での失敗を避けることは非常に重要です。

自分に関する他人の発言や、未来の雇用主が目にする可能性のある情報をモニターする簡単な方法は、まず自分の名前をGoogleで検索する、”エゴサーチ“を行ってみることです。そうすれば、オンライン上での他人の会話が原因で、憧れの仕事のオファーが得られない、といった事態を避けることができます。

インターネット上の評判を上手くモニタリングするためには、アップデートを定期的にチェックし、問題が発生した場合には素早く対処することが大切です。まずは“エゴサーチ”を行い、オンライン上で自分についてどのような会話が交わされているのかをチェックしてみましょう。Googleアラートを設定すれば、皆様に関するコメントがネット上に投稿されるたびに更新情報を受け取ることができるため、モニタリングが簡単になります。

 

ソーシャルメディア上のプライバシー設定

ソーシャルメディアのアカウントを開設する際には、プロフィールのプライバシー設定に十分な時間を費やす必要があります。基本的に、公表したくない情報はソーシャルメディア上で共有しないことです。プライバシーを保つ最良の方法は、自分の情報をプライベートに保つことです。

 

ソーシャルメディアを使用する際の注意点

Facebook

写真:専用のプライバシー設定を利用して、できるだけ全体に公開されないようにします(旅行中に羽目を外した写真を公開してしまうと、就職候補先に悪い印象を与えるリスクがあります)。タグ付けされなくない写真からはタグを外します。

アプリケーション:特に意識せずに承認してしまいがちなアプリケーションですが、その多くは、個人情報を第三者と共有しています。そのため、使用していないアプリは削除を心がけます。

検索エンジンでの検索結果にご自身の情報が表示させるかを設定することができます。自分のプロフィールをどこまで公開するか、Facebookのプライバシー設定をします。

友人のタイプによって、共有範囲を変更します。それにより、プライバシーを危険にさらすことなく、友達申請を受け入れることができます。

フィード:Facebook上の友達が皆様のフィードに、皆様が望まない情報を投稿するリスクがあります。これは、ポストされる内容をモニタリングすることでリスクを回避することができます。不適切なメッセージがウォールに投稿された場合は、できるだけ速やかに削除します。また、ふさわしくない写真が掲載された場合には、アップロードした友人に削除を依頼してください。LinkedInも同様の方法で対応できます。

 

Twitter

プロフィールをどこまで公開するかを決定し、情報公開します。Twitterは自分の投稿を世界中のユーザーと共有するためのものですが、個人の電話番号を世界と共有する必要はありません。公でコミュニティーからの反論を受けるようなツイートのシェアや、仕事を探す上でトラブルを生むようなものを公表しないように十分注意します。

ツイッターの内容をビジネスやソーシャルユーザーを含む他のネットワーキングサイトでも共有したいのであれば、それぞれのスタイルに合わせたプロフィールを別個に作成し、不適切な投稿がビジネス上の関わりがある人の目に触れないようにするのが賢明です。

 

LinkedIn

初期設定では、すべてのビジターが皆様のプロフィールをすべて閲覧することができるため、プロフィールに表示するものについて慎重に選びます。写真は最もプロフェッショナルな印象を与えるものを使用します。

 

渋谷は再び「IT企業の街」に返り咲くのか?

28 10 2019

再開発に伴い、再びIT企業が集まるイノベーション創出の地となりつつある渋谷。渋谷にオフィスを構え、渋谷の地で働くことの意味とは?

信用スコアは日本で普及するのか?

11 9 2019

中国で爆発的に普及している信用スコア。日本でも企業が信用スコアサービスの提供を始めており、今後ほかの企業の参入も予測されます。日本で信用スコアは今後社会に浸透していくのでしょうか? また、社会にどのような変化をもたらすのでしょうか?

信用スコア大国、中国

05 9 2019

個人の経済的、社会的な信用を数値化した「信用スコア」が中国で急速に普及し、すでに社会インフラの一部としての機能を果たしています。なぜ中国国内でここまで急激に普及したのでしょうか?

本セクション内

面接で成功するための準備

完璧なレジュメを作る