完璧なレジュメを作る

採用担当者がレジュメ1枚あたりに費やす時間は平均30秒であるという調査結果があります。つまり、自分に適性があることが一瞬でわかるレジュメにすることが大切です。レジュメを書く前に、明確なキャリアの目標を持ち、自身の現在の状況と将来の展望を伝えられるようにすることが重要です。

レジュメに掲載する自分のプロフィールや使用する言葉は、自身が進みたい道や、キャリアの目標を反映させたものにしましょう。核となる経験、資格、長所と短所を明確にし、ご自身の強みとなるスキルと経験を強調して応募する仕事に対する適性をアピールすることで、次のキャリアステップに対して正しい位置取りをすることができます。また、過去の仕事に対するポジティブな姿勢を表現し、新しいスキルを身につけることに対する願望、積極性に焦点を当てることで、個人的な特性を伝える機会にもなります。

 

長期的な目標を念頭に置く

レジュメを作成することは、短期的な投資ではなく、長期的な投資になります。次の仕事が自身の長期的なキャリアの目標とどのようにマッチするのかを理解し、それに合わせてレジュメを作り上げていきます。常に長期的なゴールを念頭に置き、それに合わせてその都度レジュメをブラッシュアップしていくことが望ましいでしょう。

 

応募する仕事ごとにカスタマイズする

応募する仕事ごとにカスタマイズすることも大切です。 例えば、国際的なチームで仕事をした経験を必要とする仕事に応募する際は、関連するスキル、つまり国際的な経験に焦点を当てます。応募する仕事に必要とされるスキルや経験を強調し、採用担当者に面接をしてみたいと思わせることが大切です。

書類選考のプロセスにおいて、多くの採用担当者は「絶対に必要な資質」に基づいてレジュメのふるい分けを行います。絶対に必要な資質がレジュメに記載されていない場合、書類選考を勝ち抜くことができません。応募する仕事の応募要項に含まれる重要なスキルがすべて含まれているようにし、経験が足りない部分は関連スキルを磨く意思があることを明確にします。

 

自分の実績やスキルを目立たせる

経験した職務を羅列するのではなく、自分が達成した鍵となる業績や成功体験を記載します。部署および会社全体にどのような付加価値を与えることができるかを記載し、採用担当者を惹きつけます。また、チームとしての業績を幅広く語るより、自分がどのような役割を果たしたかを語ります。

 

職務経歴は、応募先のポジションにふさわしい形式で

職歴を記述する際には時系列で書くのが一般的ですが、これにとらわれる必要はありません。応募する職種に近しい職歴や妥当な経歴が一番初めに採用担当者の目に入るよう、スキルベースで職務を記載することも可能です。レジュメの最初のページが、応募先のポジションと無関係の職歴で埋まってしまわないように気を付けましょう。応募する職種と関係のない職歴で埋めてしまっては何の意味もありません。

いかなる形式を選ぶ場合も、読みやすいものであるよう注意を払います。わかりやすい見出しを使って内容を分け、読みやすい一般的なフォントを使用しましょう。小さすぎるフォントサイズは避けましょう。

 

キーワードを盛り込む

ご自身の言葉で業績を説明することは非常に大切ですが、相手が求めているものについても意識を向けると相手の印象に残るレジュメとなります。まずは、応募ポジションの求人内でどのようなキーワードが使われているかを把握し、そのキーワードをレジュメ内でも使用してみましょう。例えば、「ITマネージャー」として求人が出ている場合には、ご自身を「テクノロジービジネスリーダー」ではなく「ITマネージャー」として位置づける方が、この人こそが求めている人材だと採用担当者に思ってもらうことができます。スキルについても、応募企業が使う言葉を使って記載すると、とても印象の良いレジュメとなります。

 

可能な限り簡潔に、見やすく

冒頭でも述べたように、採用担当者が1枚のレジュメにかける時間はそう長くありません。レジュメが5ページにもわたる場合、最後まで読んでもらえる可能性はほとんどないと言えるでしょう。簡潔にまとまっていて要点がわかりやすいレジュメは、皆様がレジュメ作成のために割いた努力や、高いプレゼンテーションスキルを採用担当者に示すことができる方法でもあります。レイアウトについても、可能な限り綺麗に保ちましょう。複数のフォントやフォントサイズを混在させるとごちゃごちゃした印象を与えます。

 

職歴にブランクがある場合はきちんと説明する

仕事を次々に変える傾向や、長期にわたるブランクは転職市場において望ましいものではありませんが、人生には様々なことがつきものであり、個人的な事情や様々な事情によってやむを得ないことも多々あるかと思います。例えばキャリアに5年間のブランクがあるような場合、何の説明もなく放っておくのではなく、そのブランクについてレジュメ内できちんと説明をしましょう。

 

誰かにレジュメをチェックしてもらう

自分で書いたものを何度も読み返していると、感覚が麻痺して自分のミスに気付けなくなってきます。そんな時は、友人や同僚にあなたのレジュメを見てもらうとよいでしょう。自分では見逃していたミスや、新たな観点からの意見を聞くことができるかもしれません。

People working in a modern office

DX, コミュニケーション, スキルアップ - Salesforceが今後担う役割とは?

27 8 2020

DX推進、顧客とのコミュニケーションの維持、持つべきスキルの一つ、など様々な面を持つSalesforce。ポストコロナ時代にSalesforceが担う役割について、Salesforceの導入や運用における第一人者である3名のパネリストをお迎えし、オンラインでのディスカッションを開催いたしました。

タグ: SALESFORCE

面接対策シリーズ③ - 最終面接と内定後にするべき質問

17 8 2020

求職活動の最終段階とも言える最終面接と内定。入社後に違和感を感じることのないよう、この段階でしておくべき質問をまとめました。

面接対策シリーズ➁ - 二次面接でするべき10の質問

13 8 2020

転職や求職活動の二次面接において、面接官にどのような質問をしてどのような情報を得るべきなのかを紹介します。

本セクション内

オンライン上のプロフィールを築く

面接で成功するための準備

レジュメのテンプレート