女性が優れたリクルーターになれる7つの理由

ComputerFuturesの一部の分野では、トップパフォーマーの50%以上を女性が占めています。当社で優秀なパフォーマンスを収めている女性に、女性リクルーターとして成功する秘訣を聞いてみました。人材紹介業界における、女性ならではのアプローチを見てみましょう。   

1. 素晴らしい関係の構築

女性の方が男性よりも親身になる傾向があるという複数の調査結果が出ています。女性は候補者、そしてクライアントのニーズを、個人的なレベルまで深く掘り下げることができるため、健全で長続きする関係を築きやすい傾向があります。このアプローチが、最終的に候補者の転職やキャリアに関係する決断に結び付くと言えるでしょう。

2. キャリア機会を最大限に活用 

今や女性は明確なキャリアパスを持ち、男性と同じ、あるいは男性よりも多くお金を稼ぐ能力を持っています。また、シニアまたはマネージメントのポジションに応募すれば、トップ経営陣からのサポートを得ることができます。これらを原動力として、女性は自分自身で価値を創り出し、男性と同じキャリア上の業績を目指すようになりました。

3. 整理整頓

BMC Psychology Journalが英国で発表した調査によれば、女性は複数の任務を切り替える際、男性よりも素早く、より整然と仕事を進められるということです。優先度の高い大切な仕事の焦点を当てることで、女性は忙しい人材紹介スケジュールをやりくりし、任務を効果的に管理することができるのです。

4. 感じさせない「セールス臭」

何かを売り込もうとする場合、女性は図々しい態度を取ることがないため、スムーズかつ素早く結果を出すことができます。女性は 「セールス臭」を感じさせず、効果的に売り込む能力に長けているということです。

5. 生産的

女性は生産的で、細部にまでよく目が行き届いています。2011年にPepperdine大学が行った調査でも、生産性という点で女性は業界平均を上回っているという結果が報告されています。この特性は、女性が採用プロセスをコントロールし、期待値を管理し、提供するサービスに価値をもたらすことに役立つものです。

6. 心の知能指数に訴求

男性に比べ女性の方が心の知能指数が若干高いという調査結果が多く出ています。つまり女性は、個人、そして個人のニーズに共感するエキスパートなのです。感情的な絆を築くことによって、女性は候補者の信頼を得ることができます。人の意思決定は最終的には感情的なものですから、このことは候補者がオファーを受け入れたり通知書を提出する際に重要な側面となり得ます。

7. 長期的な利益を認識

女性は長期的な目標を持ち、困難を乗り越えたいと考える傾向があります。戦略的に考え、長期的な利益を見据えることで、高いレベルでの粘り強さと洞察力をもって仕事をすることができるのです。

きっとあなたならこの能力を発揮することができるはずです!

IT分野における2019年の採用動向と2020年の予測

10 1 2020

IT分野におけるさまざまなニッチな領域を専門にリクルートメントを行ってきた経験を通じ、2019年を通して採用や求められる人材・スキルに関する様々な動向が見られました。以下では2019年最も高い需要が見られた職種と、2020年にはこの動向にどのような変化が見られるか、弊社の予測と見解をご紹介いたします。

Japan Dreamin’にスポンサーとして参加いたします

07 1 2020

Salesforceの公認コンサルティングパートナーであるComputer Futuresは、日本最大級のSalesforceコミュニティイベントであるJapan Dremin’ にスポンサーとして参加いたします。Salesforceスキルをお持ちの方々と企業のつながりを築き、Salesforceプロフェッショナルのコミュニティを作り上げることに力を入れている弊社にとって、貴重な機会に参加できることを非常に嬉しく思います。

渋谷は再び「IT企業の街」に返り咲くのか?

28 10 2019

再開発に伴い、再びIT企業が集まるイノベーション創出の地となりつつある渋谷。渋谷にオフィスを構え、渋谷の地で働くことの意味とは?

本セクション内

Emily Bray, ビジネスマネージャー