キャリアアップ

現在エンジニアとして働いている方の中には「このまま同じ仕事を続けて良いのだろうか」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。また、漠然と転職を考えてはいるものの、具体的な行動にまで踏み出せていない方もいらっしゃるかもしれません。

このような場合、キャリアプランを設計することが一つの解決策となります。キャリアプランを設計することで、ご自身の望むキャリアが明確になり、今すべきことが明確になります。

この記事では、エンジニアがキャリアプランを設計する必要性や、キャリアプランの設計ステップ、キャリアプラン例、キャリアプランを考える際のポイントについて解説します。

 

エンジニアがキャリアプランを設計する必要性

キャリアプランとは、今後どのようなキャリア、つまり、仕事の経歴を積み上げるかを決める計画です。エンジニアの仕事には選択肢が多く、ご自身の目標に対し最適なキャリアを選択するためにキャリアプランを設計する必要があります。

仕事の選択肢が少なければ、キャリアプランを考える必要性は薄いかもしれません。しかし、エンジニアの仕事には選択肢が多く、キャリアプランを考える価値があるといえるでしょう。

エンジニアの仕事の選択肢には、おもに次のものがあります。

 

  • 専門技術に関する選択肢(アプリケーションエンジニア、インフラエンジニア、AIエンジニアなど)
  • 顧客の業界に関する選択肢(小売業に強いエンジニア、物流業に強いエンジニア、製造業に強いエンジニアなど)
  • 業務フェーズに関する選択肢(要件定義ができるエンジニア、設計ができるエンジニア、実装ができるエンジニアなど)
  • チーム内のポジションに関する選択肢(プロジェクトマネージャー、プロジェクトリーダー、プロジェクトメンバーなど)

 

これらの選択肢を組み合わせてキャリアについて考えていきます。たとえば、物流業に強い、設計を担当するプロジェクトリーダーのAIエンジニアになるといった形です。

さらに、専門技術や業界、業務フェーズにおいて担当可能な領域を複数もつエンジニアを目指すこともできます。たとえば、インフラからアプリケーションまで開発の全てを担当できるフルスタックエンジニアを目指すこともできるのです。もちろん、1つの技術や業界などを極めるという選択肢もあります。

これらの選択肢を検討し、キャリアプランを設計することで、目標が明確になり、目標へより早く近づけるでしょう。つまり、目標がキャリアアップなのか、収入アップなのか、独立なのかといったことが明確になります。そして、そのために効率的に技術を習得することで、その目標により早く近づけるのです。

 

エンジニアのキャリアプラン設計のステップ

ここでは、エンジニアのキャリアプランの設計を3ステップに分けて解説します。キャリアプランの設計は、主に次のようなステップで行います。

 

  1. 自己分析する
  2. キャリアの見通しを立てる
  3. 計画を立てる

自己分析する

キャリアプランの設計の最初のステップは自己分析です。おもにご自身の価値観と強みを自分自身で評価します。

ご自身の価値観を評価するためには、望む給与レベルや、どの程度他人と関わりたいのか、どの程度社会に貢献したいのかなどの軸と、その軸でどのくらいのレベルを実現したいのかを分析します。ご自身の価値観を評価することで、キャリアの選択肢を比較しやすくなるでしょう。

ご自身の強みを評価するためには、これまでのキャリアの棚卸しをしながらどのようなスキルを持っているかを確認します。ご自身の強みを把握することで、キャリアの選択に現実味を帯びさせることができます。

価値観だけでキャリアプランを設計しようとすると、現実的でない計画を立ててしまうことになりかねません。逆に、強みだけでキャリアプランを設計しようとすると、理想からかけ離れたキャリアを歩んでしまうことも考えられます。価値観と強みの両方を把握することが大切になるでしょう。

 

キャリアの見通しを立てる

自分自身の価値観と強みを分析したら、どのようなキャリアを歩みたいのか見通しを立てます。そのために仕事の選択肢を調査、比較し、ご自身が望むキャリアを選択します。仕事の選択肢の調査は、求人などを見たり、エージェントに相談したりしながら、探すのが一般的でしょう。最終的にどのような仕事をしたいのか、そのためにどのような順序でどのような仕事をするかを念頭において、仕事の選択肢を調査します。次に、それらをご自身の価値観と強みに沿って比較します。そして、比較した中で最も自分に合ったキャリアを選択します。

このような、調査し、比較、選択する方法でも十分キャリアの見通しを立てられますが、よりマッチするキャリアを見つけるには、ロールモデルを見つけることが近道です。

身近な人からSNSやブログなどでフォローしている人まで、ロールモデルはどのような方法で見つけてもかまわないでしょう。ロールモデルを見つけるメリットは、理想像が実際に存在する人であるため、理想的かつ具体的なキャリアを選択しやすい点です。

 

計画を立てる

ご自身が望むキャリアやロールモデルを見つけたら、計画を立てます。1年後、3年後、5年後などの中長期の目標を設定し、それらの目標を達成するために必要な手段も明確にします。

たとえば、ベンチャー企業のCTOとして仕事をしたいと考えているとすれば、1年後までにプロジェクトリーダーになり、3年後にはプロジェクトマネージャーになって、5年後にはCTOとして仕事をするといった目標が考えられるでしょう。そのために、1年後までプログラミングなどの技術を磨き、3年後までマネジメントの勉強をし、マネージャーとして経験を積んでから5年後にベンチャー企業に転職するといった手段が考えられます。

このように段階的な目標とそれに対応する手段を明確にすることがキャリアプランの設計では大切です。

 

エンジニアのキャリアプラン例

エンジニアのキャリアプランの例として、CTO、スペシャリスト、フルスタックエンジニアを目指すケースについて解説します。

 

CTOを目指す

CTOになるには、次の3つの方法が考えられます。

 

  • 現在所属している企業でCTOになる
  • 他社への転職時にCTOになる
  • 自ら企業を立ち上げてCTOになる

 

自社でCTOになるためには、転職をせずに昇進していくことになります。他社への転職、なかでも、引き抜きでCTOになるケースも考えられるでしょう。自ら企業を立ち上げる際にご自身のポジションをCTOにすることでCTOになるのも1つの手段です。

いずれの場合も技術とマネジメントスキルの両方が求められます。そのため、プロジェクトメンバー、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーと順に経験を積んで、CTOを目指すのが定石といえます。

 

スペシャリストを目指す

ここでいうスペシャリストとは、1つの技術分野に特化したエンジニアを指します。セキュリティエンジニアやネットワークエンジニア、AIエンジニアなどのことです。

スペシャリストとして働くためには、可能な限りご自身の得意分野が活かせる案件で仕事をすることが一番の近道といえるでしょう。必ずしも自社に得意分野が活かせる仕事があるとは限らないため、ご自身の分野をより多く活かせる企業への転職も一案です。

 

フルスタックエンジニアを目指す

フルスタックエンジニアとは、インフラからアプリケーションまで開発の全てを1人で手がけられるエンジニアです。そのため、広い範囲の技術が求められます。フルスタックエンジニアは役割がきっちり決まっていない企業に求められやすく、大企業よりはベンチャー企業・スタートアップ企業のほうがフルスタックエンジニアを目指すのに適しています。

 

エンジニアがキャリアプランを考える際のポイント

エンジニアがキャリアプランを考える際のポイントは、おもに、目標を明確にすることと、転職や独立も視野に入れることです。

目標を明確にする

キャリアプランを考えるときにはご自身の目標を明確にすることが大切です。目標を明確にすれば、目標に対する手段も考えやすく、キャリアプランが明確になります。キャリアプランが明確になれば、今何をすべきかが常に把握しやすくなるでしょう。また、目標を明確にすることでモチベーションを保ちやすいというメリットもあります。

目標を明確にするためには、1年後、3年後、5年後といった時間軸に対して、ご自身が携わりたい技術分野、業界、ポジション、ワークスタイルなどを細かく決めます。細かく段階的に目標設定することで、目標が明確になり、望むキャリアを実現しやすくなるでしょう。

転職や独立も視野に入れる

の望むキャリアを歩むためには、自社内でのキャリアアップにとらわれる必要はありません。手段として、転職や独立も視野に入れておいて損はありません。転職や独立も視野に入れれば、仕事の選択肢が増え、設定できる目標や講じることができる手段を広げられるでしょう。

 

まとめ

エンジニアは仕事の選択肢が多く、キャリアプランを考える価値のある職種です。キャリアプランは、自己分析を行い、キャリアの見通しを立て、計画を立てることで設計できます。

キャリアプランを設計する際のポイントとして、目標を明確にすること、転職や独立も視野に入れることが挙げられます。これらの設計方法やポイントを意識しながら、よりよいキャリアを歩むためにキャリアプランを設計してみてはいかがでしょうか。

キャリアプランの設計にお悩みの方や、転職市場動向などの最新情報を知りたい方は、ぜひ以下のフォームよりご連絡ください。IT業界に精通したComputer Futuresのコンサルタントが、皆様のご相談に対応いたします。

最新の求人検索はこちら

スキルや経験を活かした転職をお考えですか?または高いスキルを持つ人材をお探しですか?Computer Futuresにお任せください。

このフォームを送信することで、弊社のプライバシーポリシーに沿って個人データが取り扱われることに同意したものとみなします。