外資系企業の人々

外資系エンジニアというと、フレキシブルな働き方をしていたり、年収が高かったりするイメージをお持ちの方も多いことと思いますが、その実態はどのようなものなのでしょうか。今回は外資系エンジニアのメリットや、転職のポイントなどをご紹介します。日系企業から外資系企業への転職をお考えのエンジニアの方は、ぜひご参考にしてください。

 

外資系企業と日系企業の違い

外資系企業とは、海外法人や外国人が株式を所有している企業のことを指します。具体的には、海外企業が日本に設立した子会社や支社のほか、海外企業と日系企業が共同出資した企業や、海外企業が日系企業をM&Aで買収した企業などが外資系企業とされています。また、近年は会社の経営方針等を外国人の取締役などが握っている企業についても、外資系と呼ぶことがあります。

外資系企業は資本や経営権を海外法人が握っているため、海外企業の色が出やすく、日系企業とは異なる点があります。主な違いを以下にまとめました。

 

意思決定の速さ

外資系企業では、会社の経営方針の変更や組織変更、人事制度の改定などが、日系企業と比較すると頻回に行われます。日系企業よりも、時代に応じたビジネスの変化に素早く柔軟に対応していく企業が多い傾向にあるといえます。

 

実力主義

多くの日系企業では、年齢や在籍年数に応じて昇進・昇格が決まる年功序列制度が採用されています。一方、外資系企業では、パフォーマンスを発揮する人物は年齢が若くても昇進していくことができます。

 

個人主義

日系企業は集団主義的な傾向が強く、協調性が求められる場面も多くあります。仕事上の意思決定においては、都度上司へ相談し、さまざまな承認が必要となります。外資系企業の多くは個人主義で、一人ひとりの役割が明確化されています。自分自身の仕事について責任を持って全うする意識を強く持っているため、従業員が皆メリハリをつけて働いています。

 

エンジニアが外資系企業に転職するメリット

では、エンジニアとして外資系の企業に転職するメリットとは何なのでしょうか?ここでは、主なメリット5つをご紹介します。

キャリアアップや年収アップが期待できる

外資系企業は成果主義が顕著であることが多いため、結果を出した分だけ昇進・昇給に結びつきます。現在、ご自身の働きが年収に結びついていないといった待遇面の不満を感じている方には、魅力的なメリットだといえるでしょう。

英語力を生かして仕事ができる

同僚や上司、顧客などが外国人であるケースも多いため、英語力に自信がある人、また英語が好きな人にとっては、自分の英語力を存分に発揮できる機会が多々あります。日々のコミュニケーションを通して英語力を磨き続けられることも、メリットの1つです。

 

新しい技術を学べる

外資系企業では成果さえ上がれば、現場の意見が取り入れられやすく、良いと思った技術は積極的に取り入れていこうという雰囲気があります。常に新しい技術にアンテナを張り巡らせているエンジニアが多く、社内勉強会が自主的に実施されていることも珍しくありません。勉強が楽しいと考える、向上心溢れる方にとっては、とても良い雰囲気の中で仕事ができるでしょう。

 

役職が少なくフラット

日系企業でよくある「部長」、「係長」といった細かい区別が無く、LeaderやManagerなどの少数の役職だけが存在する企業が多い傾向にあります。日系企業では「〇〇課長」などのように名字+役職で呼ぶのが一般的ですが、外資系企業では相手を呼ぶ際に役職名を用いないのも日系企業との違いです。

また、英語圏の習慣を取り入れファーストネームで呼び合うケースも。このことが自然と風通しの良さを生み、意見しやすい雰囲気に一役買っているといえます。

 

ワークライフバランスが保ちやすい

海外では仕事よりも家族やプライベートを優先させるカルチャーが強いため、オン・オフの区別がはっきりしています。業務に支障が出ない限りは、定時退社や有休・長期休暇の取得がしやすいことなどから、ワークライフバランスを保ちやすい企業が多いと言えるでしょう。

 

エンジニアが外資系企業に転職するデメリット

外資系企業への転職は、メリットがある一方でデメリットもあります。

 

結果が出せない場合はシビア

結果がキャリアアップに結びつきやすいということは、裏を返せば、成果を挙げられないと昇進・昇給できないということになります。場合によっては解雇もありえます。

ただし、日本にある支社や事業所に関しては、外資系企業であっても日本の法律に従うことになります。雇用については日本の法律で守られますので、突然解雇されることはまずありません。

 

福利厚生には期待できない

実は、日系企業は世界的に見てもかなり福利厚生が充実しています。外資系企業では、退職金制度や住宅手当といった福利厚生はほぼ期待できません。

 

社風に馴染めない場合も

フランクな雰囲気の中で仕事ができることをメリットと感じる方がいる一方で、日系企業での勤務年数が長い方や外国文化にふれる機会が多くなかった方にとっては、ファーストネームで呼び合うことや個人主義なところが馴染みにくいと感じることもあるようです。

 

外資系エンジニアの年収が高い理由

外資系エンジニアは総じて「年収が高い」というイメージがありますが、それは何故なのでしょうか。主な理由は以下の2つです。

 

退職金制度がないため

まず、前述のとおり、外資系企業は退職金制度がないケースが多いです。終身雇用を前提としていないため退職金制度を設けておらず、その分が給与に反映されるため、日系企業と比べると必然的に年収が高くなります。

成果に応じて給与が上がるため

外資系企業では個人のパフォーマンスに応じた給与が支給される傾向があるため、評価が高ければ給与アップ、逆に評価が低ければ給与ダウンということも顕著に起こり得ます。能力の高いエンジニアは年収が高くなっていくため、外資系エンジニア=高年収というイメージが定着しているのでしょう。

外資系エンジニアに転職するために必要なスキル

外資系企業に転職するとなると、必要なスキルとして真っ先に思い浮かぶのは英語力でしょう。実際、転職にあたってはどの程度の英語力が必要なのでしょうか。

英語力についてはTOEICが一つの指標として用いられる可能性もありますが、これが全てということではありません。TOEICのスコアよりも、実際に英語でどの程度コミュニケーションが取れるか、ビジネスに支障をきたすことなく案件を進行できるかどうかが重視されます。目安としては、TOEIC850点以上であれば英語面接は問題なくパスできるでしょう。700点台であっても英語でのビジネス経験があれば、面接をパスできる可能性は十分にあります。

 

エンジニアが外資系企業への転職を成功させるためには

では、外資系企業に転職をしたいと考えるエンジニアはどのような対策をすれば良いのでしょうか。ここでは、2つの対策をご紹介します。

 

面接対策をしっかり行う

外資系企業の面接では、英語面接が行われることがあります。一定の英語力を持っていても、母国語が英語ではない方の場合、面接で想定外の質問をされた際にうまく受け答えができなくなることも考えられます。日本語での面接以上に、事前のシミュレーションをしっかり行うことが大切です。

また、外資系企業の面接では、応募したポジションにふさわしい技術や英語力があるかどうかだけでなく、英語圏のカルチャーに沿ったビジネスマナーや立ちふるまいが身についているかどうかも見られます。ここ数年、英語でのコミュニケーションから遠ざかっていた場合や、英語を使ったビジネス経験がない場合は、英語面接の練習を行ったほうが良いでしょう。

 

外資系の求人が豊富な転職エージェントを利用する

転職エージェントにはそれぞれ強みがあります。求人数の多さが強みのエージェントもあれば、外資系企業の求人が多く、外資系企業に関する情報やノウハウが豊富なエージェントもあります。外資系への転職を考える際には、外資系企業の求人が豊富な転職エージェントを利用することで、転職の成功率が上がりますし、ご自身では抵抗のある給与交渉なども任せることができます。転職エージェントを利用すれば、転職に際し懸念していることを事前に企業側に確認することができるので、入社後のギャップを減らすこともできます。もちろん、前述した面接対策についても相談することが可能です。

 

まとめ

今回は外資系エンジニアのメリットや、転職にあたってのポイントなどをご紹介しました。外資系企業では成果が給与へ反映されやすいほか、個人の意見やプライベートが尊重されるためワークライフバランスを保ちやすいなどの良い傾向があります。年齢や在籍年数ではなく成果によって給与が決まるケースが多いため、年収アップを目指して転職を考えているエンジニアの方には適した転職先といえるでしょう。

ただし、一口に外資系企業といっても、企業によって評価制度や社内の雰囲気は異なります。転職を検討している外資系企業の社内制度やカルチャーについて詳しく知りたい場合は、転職エージェントを利用することをおすすめします。

Computer Futuresでは、外資系企業の求人を数多く取り扱っています。最新の求人情報は以下のボタンからご覧いただけます。フォームから求人の詳細や非公開求人についてお問い合わせいただくこともできますので、ぜひご活用ください。

最新の求人検索はこちらから

スキルや経験を活かした転職をお考えですか?または高いスキルを持つ人材をお探しですか?Computer Futuresにお任せください。

このフォームを送信することで、弊社のプライバシーポリシーに沿って個人データが取り扱われることに同意したものとみなします。