ITコンサルティング

スマートで優秀なイメージを持たれることが多いITコンサルタント。ITを駆使して企業の経営課題解決に取り組む、経営・ITのスペシャリストです。「より上流工程に関わりたい」「顧客の課題解決に貢献したい」といった思いのあるエンジニアの中には、ITコンサルタントへのキャリアチェンジを検討している方もいらっしゃることでしょう。

今回の記事では、ITコンサルタントの仕事内容や転職市場、気になる年収について分かりやすく解説します。ITコンサルタントへの転職に興味がある方はぜひチェックしてみてください。

 

ITコンサルタントとは?

ITコンサルタントとは、クライアントの持つ経営課題をITという観点から解決するためのコンサルティングを行う専門家です。課題の分析から提案を行うほか、課題解決のためのIT施策の導入・活用をマネジメントすることもあります。

 

ITコンサルタントとSEの違いは?

IT系プロジェクトの上流工程を担うSEITコンサルタントは似ていますが、業務範囲と目的が異なります。SEの場合、要件に沿ってシステムを構築し運用にのせることが求められます。一方ITコンサルタントは、企業が抱える課題を明確化し、その課題を解決するためのIT施策を打ち出し、これを実現することによってクライアントの業務を支援します。

システムの要件や仕様を具体化し開発・納品することが主な仕事となるSEとは異なり、ITコンサルタントはリサーチを通じてクライアント企業が抱える問題を設定し、システムやアプリなどのIT活用による課題解決を提案・企画するのが主なミッションとなります。

 

ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタントの仕事は、主に以下の3つに分類できます。

経営課題を定義するためのリサーチ・情報収集

ITコンサルタントの仕事は、まずクライアントが抱えている経営課題についてヒアリングし、要望や問題意識を聞き出すところから始まります。経営層へのヒアリングはもちろん、必要に応じて関係部署や社員への聞き取り調査も欠かせません。また、クライアント企業の内部調査だけでなく、クライアントの市場や顧客、業界、法規制など、ありとあらゆる情報をリサーチします。

設定した経営課題の解決策の提案

収集した情報をもとに状況を整理し現状を分析したら、経営目線で課題を定義し、ITを駆使してその課題を解決する方法を導き出します。解決策はもちろん、認識した課題を「なぜ解決しなければならないのか」「解決しなかった場合のリスクはどうなるのか」「提案した解決策を実施する場合どのくらいのコストがかかるのか」といった経営者の意思決定の助けになるようなポイントも説明できるようにしなければなりません。

論理的な説明ができることに加えて、情報を分かりやすく説明するプレゼンテーション力が必要になる場面でもあります。

 

システムの導入・改善などの実行支援

ITコンサルタントは、情報収集から課題の分析・解決策の提示を行なったあと、IT施策の実行まで依頼されるケースが少なくありません。この場合は経営層が同意した施策を実現するため、プロジェクトを企画し推進することが求められます。

プロジェクトやクライアントの要望にもよりますが、プロジェクトチームの編成や外部ベンダーの採用、進行管理、品質管理といった工程を指揮することになります。提示した課題の解決を実現するための施策をクライアントに約束した期限までに実現させることが求められます。

 

ITコンサルタントの年収

ITコンサルタントは高収入、というイメージを持つ方が多いと思います。イメージ通り年収は高い場合が多く、マネジメント層になれば年収1,000万円を超えることも十分ありますが、経験や専門性によって年収額には幅があります。

 

IT 給与調査 2021

業界ごとのITコンサルタントの給与について具体的な金額を知りたい方は、ぜひ当社がまとめた最新の給与水準調査のデータをご覧ください。各種エンジニアの給与水準を詳しくまとめています。気になる方はぜひダウンロードしてご確認ください。

最新給与ガイドを見る

ITコンサルタントに転職するには

ITコンサルタントは、経営目線で企業の問題解決にあたるコンサルタントであると同時に、IT知識や技術に精通した専門家でなければなりません。転職を検討している方は、転職活動を有利に進めるためのスキルや知識、経験、資格について事前に把握しておくと良いでしょう。

 

必要なスキル・知識

必要なスキルや知識は採用企業のニーズに応じて異なりますが、年収アップを目指すなら即戦力として活躍できるようなポテンシャルを証明できると良いでしょう。エンジニアやプログラマーとして活躍している方がITコンサルタントを目指す場合は、ご自分のIT領域の専門性にコンサルタントとしてのスキルや知識を掛け合わせると効果的です。

コンサルタントの必須スキルとしては、「情報収集・リサーチ力」「論理的思考力」「仮説検証力」「営業・プレゼンテーション力」が挙げられます。問題を定義し解決策を提案する業務においては、コンサルタントの思考能力や説明能力が試されるためです。

また、ITコンサルタントに欠かせないのは業界知識および業務知識です。例えばITコンサルタントとして人事業務の改善・効率化を依頼されたとします。この時、人事労務担当者の業務内容の知識や給与計算方法について最低限知識がなければ務まりません。特定の業界や業務固有の問題が起きている場面も少なくありませんので、担当する領域の業界・業務の知識は不可欠でしょう。

 

あると望ましい経験や資格

ITコンサルタントの求人では資格が必須要件として挙がることは少ないですが、IT領域の経験があることを必須要件とする場合があります。例えば、システム開発・コーディング経験やシステムの導入・運用経験、プロジェクトマネジメント経験などのいずれかを必須要件とする企業もありますので、最低でもどれか1つはアピールできると良いでしょう。

資格はなくても構いませんが、IT知識をビジネスの現場で利活用できる能力を証明できる資格があれば、転職をある程度有利に進めることができるでしょう。例えば、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)認定で国家資格のITストラテジスト試験、経済産業省推進資格のITコーディネータ試験などは、経営目線でIT戦略を立案する能力を証明できる有効な資格だと言えます。どちらも難易度の高い資格ですが、本気でITコンサルタントを目指す方は挑戦してみることをおすすめします。

ITコンサルタントの転職市場・将来性

経営・ITの専門家であるITコンサルタントは、優秀な人材であればどこの業界でも企業からの需要は非常に高いです。

クライアントとなる事業会社では、IT活用・デジタル化が急速に進んでいます。例えばクラウド化やITセキュリティ、ビッグデータの利活用、デジタル化への対応といった領域の成長は目覚ましく、ITコンサルタントの活躍が期待される分野だと言えます。需要が多い分、ITコンサルタント未経験者の採用を行う企業も一定数ありますので転職のチャンスは十分あるでしょう。

キャリアパスとしては、企業でプロジェクトマネージャーやディレクターといったマネジメントの役職に昇進することもできますし、専門分野を極めた後は独立・起業といった道もあります。また、IT部門や経営企画、事業改革などのプロジェクトメンバーとして事業会社へ転職することも1つの選択肢となるでしょう。

気をつけたいのは、ITコンサルタントとして汎用性が高いスキルや知識、経験を身につけると同時に、他のITコンサルタントと差別化できるような専門性を持てるようにすることです。この点さえ気をつけることができれば、上流工程により深く関わりたいエンジニア・プログラマーにとってITコンサルタントとしてのキャリアは非常に魅力的なものとなるでしょう。

 

まとめ

今回の記事では、ITコンサルタントの仕事内容や転職事情、年収などについて解説しました。多くの方が持つイメージの通り、ITコンサルタントは比較的高年収な職種です。ただし、専門性やスキル、選択する業界によって年収には幅があります。エンジニアやプログラマーとして働いた経験や専門性をうまく活かせるポジションに就けば、キャリアアップに繋がりやすくなるでしょう。

ITコンサルタントへ転職してキャリアアップ・年収アップを目指したい方は、ぜひ以下のお問い合わせフォームからお気軽にご相談ください。ご希望の条件に沿った転職先のご紹介やキャリアパスについてのアドバイスなどを通して、皆様の転職活動のサポートをいたします。最新の求人情報は以下のボタンからも検索してご覧いただけます。

最新の求人検索はこちら

スキルや経験を活かした転職をお考えですか?または高いスキルを持つ人材をお探しですか?Computer Futuresにお任せください。

このフォームを送信することで、弊社のプライバシーポリシーに沿って個人データが取り扱われることに同意したものとみなします。