ソフトウェアエンジニア

現代社会において、パソコンやスマートフォンのアプリケーションを使わない日はないでしょう。アプリケーションを動かすにはソフトウェアのシステムが必要で、その開発を行っているのがソフトウェアエンジニアです。ソフトウェアエンジニアはソフトウェアの開発などを行う専門職で、アプリケーションだけではなく、家電や自動車に搭載されているソフトウェアの開発なども行います。関わる業態は幅広く、分野によって求められる専門性が異なりますが、人々の生活を支える非常に重要な仕事と言えます。

 

Webエンジニアとの違い

Webエンジニアは、webサービスに専門性を持つエンジニアのことを指します。webエンジニアは、フロントエンド、バックエンドの開発を行います。ソフトウェアエンジニアもwebエンジニアと同様にwebサービスのソフトウェア開発を行いますが、家電や自動車などIT以外のソフトウェア開発も行うのが特徴です。

 

サーバーサイドエンジニアとの違い

サーバーサイドエンジニアは、サーバーやデータベースの設計、構築、運用を行う仕事です。イメージとしては、ユーザーが入力した情報をサーバーで管理し、円滑にデータを出し入れできるようにシステム設計を行います。それに対して、ソフトウェアエンジニアはソフトウェアの開発を行う職種です。ソフトウェアとは、コンピュータにコマンドを出すプログラムのことを指します。

 

ソフトウェアエンジニアの仕事内容

ソフトウェアエンジニアが開発するソフトウェアには、アプリケーション、センサーなどを必要とする家電製品、自動運転システムなどが挙げられます。ソフトウェアが実装されるハードウェアによって仕事内容は異なりますが、主に以下の職務を担います。

 

①企画提案

顧客のニーズに合わせて、開発するソフトウェアの企画提案を行います。 

 

②ソフトウェアの設計・開発

機器にどのような機能を持たせるか、UIの設計、動作の制御など、ハードウェアの種類によって求められるシステムを設計、開発します。

 

③保守

開発したソフトウェアにバグやエラーが出ないか管理し、保守を行います。トラブル発生時は修正を行います。

 

あると望ましい資格

IT知識の証明となる、基本・応用情報技術者試験はおすすめの資格です。また、ソフトウェアの開発にはプログラミングを使用するため、Olacle認定Java資格やPHP技術者認定試験もおすすめです。

 

ソフトウェアエンジニアの転職市場・将来性

インターネットが発達している現在でも、IT人材は常に不足していると言われています。その中でも、ハードウェアを動かすために必要なシステムを開発できる、ソフトウェアエンジニアの需要は非常に高いです。そのため、転職市場でも人気の職業で給与も平均に比べ高水準です。そしてインターネットがなくなることは考えづらいため、将来も安定して需要がある職種でしょう。また、経験を活かしてキャリアアップも可能です。

 

まとめ

ソフトウェアエンジニアは今後も需要が高い職種ですが、インターネットの発達とともに、求められるスキルは日々アップデートされています。そのため勉強熱心な方が向いている職種と言えるでしょう。興味のある方は一度求人情報を確認してみましょう。

最新の求人情報

スキルや経験を活かした転職をお考えですか?または高いスキルを持つ人材をお探しですか?Computer Futuresにお任せください。

このフォームを送信することで、弊社のプライバシーポリシーに沿って個人データが取り扱われることに同意したものとみなします。