Connecting...

  • 印象に残るLinkedInプロフィールを作り上げるための5つの方法

    W1siziisijiwmtkvmdevmtyvmdavntgvmzivnty5lzndri5qcgcixsxbinailcj0ahvtyiisijkwmhgzmdajil1d

    新しい仕事を探し始める前に、考えておくべきことがいくつかあります。中でも、あなた自身をどのように表現し、売り込むかは非常に重要な要素の一つです。新たな職種へ応募するということは、採用担当者にあなたを見つけに来てと頼んでいるようなものです。第一印象は重要ですし、採用担当者があなたについて知ろうとしたとき、初めにたどり着く場所はおそらくLinkedInでしょう。これを念頭に置いて、あなたのスキルの一番良い部分をLinkedInプロフィールで確実に見せるためのヒントを以下でご紹介します。 肩書きとサマリーを最新のものにする 基本的なことではありますが、あなたのLinkedInプロフィールを見る人々にあなたが望むことは、転職における適切な機会を提供してくれることでしょう 。肩書とサマリーが、あなたが望む職種や希望の勤務地を正しく説明していることを確認し...

  • 新しい仕事を探す時に考えるべき5つのこと

    W1siziisijiwmtkvmdevmdkvmduvmdivmzqvnta4lzjdri5qcgcixsxbinailcj0ahvtyiisijkwmhgzmdajil1d

    新しい仕事を探すのは期待に満ちた圧倒的な経験であると同時に、少し恐ろしいものでもあります。しかし現在の職種から次のステップへ進む準備ができた時には、自分自身で新たなチャンスを見つけることのできる絶好の機会です。ジョブサーチへと進む前に、あなたが何を新しい仕事に求めるのかを見直してみましょう。あなたが正しい決断を下す際に役立ちそうないくつかの質問を以下にまとめました。 1. なぜ現在の仕事を離れるのか? 転職を考える際には、近いうちに前職となる現在の職種のネガティブな面ばかりが目に付きがちです。しかし、これまでの職歴で良かった点は何かを見直し、時間をかけて再評価するには最適のタイミングです。次のステップへ進むためにしたいこと、したくないことについて考えてみましょう。 2. 新しい仕事で何に重きを置くか? 人を動機付ける要素は様々ですが、数ある要素...

  • 転職を考えるべき7つのサイン

    W1siziisijiwmtkvmdevmtgvmdavntuvmzcvnjizlzfdri5qcgcixsxbinailcj0ahvtyiisijkwmhgzmdajil1d

    現在の仕事を離れてキャリアを次のステップに進める決断をするのは、どんな場合でも簡単ではありません。今の職場に長くいた場合でも、または比較的新しい職場であったとしても、新しい仕事を探すのは気が遠くなるようなタスクです。しかし、もしあなたがスキルと専門性を持ち、転職のチャンスに魅力を感じている場合、目の前にはあなたが求めるものを手にすることのできる機会が広がっています。また、Computer Futuresのチームは、各段階であなたの転職を成功に導くためのお手伝いをいたします。以下では、転職を真剣に考え始めるべき時が訪れた際の主なサインをご紹介します。 1. ワークライフバランスが健全でない あなたは生きるために仕事をしているのであり、仕事をするために生きているわけではありません。仕事をしている以上、遅くまで会社に残らなくてはいけない日もあるかと思...

  • 日本におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)に立ちはだかる壁

    W1siziisijiwmtgvmtivmduvmdqvmtgvmjivmjayl3nodxr0zxjzdg9ja181mjq2odcwmdhfotawltmwmc0ylnbuzyjdlfsiccisinrodw1iiiwiotawedmwmcmixv0

    DXとは ここ数年で、デジタルトランスフォーメーション(DX)という言葉を耳にする機会が増えたのではないでしょうか。デジタルトランスフォーメーションとは、広義に「新しいデジタル技術を活用し、ビジネスに新たな価値を加えて競争力を高めること」を意味します。企業のシステム戦略や人材戦略に取り組む株式会社アイルの岩本 哲夫代表取締役社長は、DXを「ビジネスに必要な全社の情報がオールデジタル、つまり基幹システムに全て格納されて利用できること」と、より実際の業務に基づいた定義をしています。また、ITビジネス開発や人材育成を行うネットコマース株式会社の代表取締役社長である斎藤 昌義氏は、人間中心で、人間の負担を減らすためにテクノロジーを活用していた従来のビジネスモデルではなく、テクノロジーを中心に据えて、テクノロジーでは賄いきれない部分を人間が担っていくよう...