Connecting...

  • Tech in Asia Tokyo 2017ハイライト

    W1siziisijiwmtcvmtavmtevmdivntivntavnjmxl0jsb2cgcg9zdcbgcm9udcbqag90by5qcgcixsxbinailcj0ahvtyiisijkwmhgzmdajil1d

    Computer Futuresは、今年も三年連続でスポンサーとしてアジア最大級のテクノロジーイベントであるTech in Asiaのカンファレンスにパートナーとして参加しました。テックスタートアップのエコシステムを直接繋げるこのイベントで、アジアのテックコミュニティのさらなる発展のための支援を致しました。 Tech in Asia Tokyo 2017は、日本市場に進出を試みている企業から海外への進出を狙っている国内企業まで、グローバルな舞台での活躍を考えている企業を中心に開幕されました。最新のテクノロジー事情を確認することができ、業界の最前線で起こっている貴重な情報に触れることもできました。 AnyPay、 Raksul、 Freee、 Kidsline など業界を牽引する企業を含めた様々な企業のCEOからも貴重な話を聞くことができました。...

  • エススリー・ジャパンインタビュー記事 - 日本人材ニュース誌掲載

    W1siziisijiwmtcvmdgvmdkvmjivmzmvmzivoteyl2dyyw50x2hlywrzag90lmpwzyjdlfsiccisinrodw1iiiwiotawedmwmcmixv0

    SThree Japanインタビュー記事が、日本最大の人事専門誌「日本人材ニュース」に掲載されました。日本人材ニュースの中立的な視点からの評価を含む弊社代表とのインタビューにおいて、弊社3ブランド(ライフサイエンス、IT、金融分野)の紹介、今後の方針、強み、専門分野について述べています。 弊社コンセプト「激しい競争を勝ち抜く企業へと成長するために、採用のパートナーとして貢献します」を中心に弊社概要、今後の展開、弊社コンサルタントの特徴をインタビューで展開しています。 記事をご覧になりたい方、もしくはComputer FuturesまたSThree Japanについて、お知りになりたい方は、こちらをクリックしてください。 ​記事はこちらから​​

  • DaXtra記事 - AI vs リクルーター誰が勝利するか?

    W1siziisijiwmtcvmdcvmtkvmdqvmdavmjavodcwl0fjlufydgljbgvbml0uanbnil0swyjwiiwidgh1bwiilci5mdb4mzawiyjdxq

    人材紹介業界にAIソフトウェアが導入されることで、AIがリクルーターに取って代わる日がくるのでしょうか?時と共に、テクノロジーはリクルーターの働き方を変えました。Computer Futuresは、人材紹介業界がAI (人工知能)ソフトウェアを導入することの影響、特に日本の業界への影響について、DaXtra社の創設者Sergei Makhmodov氏にお話しをうかがいました。 DaXtra社は2002年の創業で、Sergeiと2人の友人Steve Finch氏とAndrei Mikheev氏により設立されました。Sergeiの人材紹介業界でのキャリアと、SteveとAndreiのAI知識を組み合わせて開発されたソフトウェアは、既存のリクルーティング管理ソフトウェアに組み込むことができ、リクルーターのライフスタイルを一変します。 ​記事はこちらから​​

  • 新しい職場で、印象づける7つの方法

    W1siziisijiwmtcvmdyvmdevmdgvmdivmzavmtcwlzcgd2f5cyb0bybpbxbyzxnzigluihlvdxigbmv3igpvyi5qcgcixsxbinailcj0ahvtyiisijkwmhgzmdajil1d

    競争が激しい転職市場で探し回った職に応募をし、多くの面接を通過し、念願のポジションを獲得することができました。就職祝い後、すぐに初日はやってきて、緊張と共にまた新入りとしてやっていかなければなりません。それは、間違いなくストレスな時間であり、些細なことで自分を疑い始めてしまいます。そこで、あなたの初日に備えて7つのチップを用意しました。 1.時間厳守 新しい職場の初日は、まだ職務を遂行できない‘’ゲスト‘’として扱われます。あなたは、たくさんの同僚と出会い多くのプロセスを学び、時間を厳守しましょう。あなたがどれだけ新しいかは関係ありません。初めに、悪い印象を与えないようにしましょう。できるだけスペア時間を設けて全力をもって取り組みましょう。 2. 同僚を知る 自信をもって、できる限り多くの同僚に自分を紹介しましょう。第一印象が大事になるので、ミ...