Connecting...

雇用主がレジュメを選別するのに費やす時間は平均30秒であるという調査結果があります。つまり、自分に適性があることが一瞬でわかるレジュメにすることが大切です。レジュメを書く前に、明確なキャリアの目標を持ち、自身の現在の状況と将来の展望を伝えられるようにすることが重要です。

基本

レジュメに掲載する自分のプロフィールや使用する言葉は、自身が進みたい道や、キャリアの目標を反映させます。核となる経験、資格、長所と短所を明確にする必要があります。武器となるスキルと経験を強調して、応募する仕事に対する適性をアピールすることで、次のキャリアステップに対して正しい位置取りをすることができます。また、過去の仕事に対するポジティブな姿勢を表現し、新しいスキルを身につけることに対する願望、積極性に焦点を当てることで、あなたの個人的な特性を伝える機会にもなります。

自分に合ったレジュメを書く

レジュメを作成することは、短期的な投資ではなく、長期的な投資になります。次の仕事が、長期的なキャリアの目標とどのようにマッチするのかを理解し、それに合わせてレジュメを調整します。常に、長期的に達成したい目標に焦点を当て、レジュメをブラッシュアップし、あなたのキャリアゴールを達成させます。

応募する仕事ごとにカスタマイズすることも大切です。 例えば、国際的なチームで仕事をした経験を必要とする仕事に応募する際は、関連するスキル、つまり国際的な経験に焦点を当てます。応募する仕事に必要とされるスキルや経験を強調し、リクルーターがあなたを面接に呼ぶべきだと素早く判断できるようにすることが大切です。書類選考のプロセスにおいて、多くのリクルーターは「絶対に必要な資質」に基づいてレジュメのふるい分けを行います。絶対に必要な資質がレジュメに記載されていない場合、書類選考を勝ち抜くことができません。応募する仕事の応募要項に含まれる重要なスキル等がすべて含まれているようにし、経験が足りない部分は関連スキルを磨く意思があることを明確にします。

スキルを売り込む

経験した職務を羅列するのではなく、自分が達成した鍵となる業績や成功体験を記載します。部署および会社全体にどのような付加価値を与えることができるかを記載し、採用担当者を惹きつけます。また、チームとしての業績を幅広く語るより、自分がどのような役割を果たしたかを語ります。

雇用主がレジュメを選別するのに費やす時間は平均30秒であるという調査結果があります。つまり、自分に適性があることが一瞬でわかるレジュメにすることが大切です。レジュメを書く前に、明確なキャリアの目標を持ち、自身の現在の状況と将来の展望を伝えられるようにすることが重要です。

基本

レジュメに掲載する自分のプロフィールや使用する言葉は、自身が進みたい道や、キャリアの目標を反映させます。核となる経験、資格、長所と短所を明確にする必要があります。武器となるスキルと経験を強調して、応募する仕事に対する適性をアピールすることで、次のキャリアステップに対して正しい位置取りをすることができます。また、過去の仕事に対するポジティブな姿勢を表現し、新しいスキルを身につけることに対する願望、積極性に焦点を当てることで、あなたの個人的な特性を伝える機会にもなります。

自分に合ったレジュメを書く

レジュメを作成することは、短期的な投資ではなく、長期的な投資になります。次の仕事が、長期的なキャリアの目標とどのようにマッチするのかを理解し、それに合わせてレジュメを調整します。常に、長期的に達成したい目標に焦点を当て、レジュメをブラッシュアップし、あなたのキャリアゴールを達成させます。

応募する仕事ごとにカスタマイズすることも大切です。 例えば、国際的なチームで仕事をした経験を必要とする仕事に応募する際は、関連するスキル、つまり国際的な経験に焦点を当てます。応募する仕事に必要とされるスキルや経験を強調し、リクルーターがあなたを面接に呼ぶべきだと素早く判断できるようにすることが大切です。書類選考のプロセスにおいて、多くのリクルーターは「絶対に必要な資質」に基づいてレジュメのふるい分けを行います。絶対に必要な資質がレジュメに記載されていない場合、書類選考を勝ち抜くことができません。応募する仕事の応募要項に含まれる重要なスキル等がすべて含まれているようにし、経験が足りない部分は関連スキルを磨く意思があることを明確にします。

スキルを売り込む

経験した職務を羅列するのではなく、自分が達成した鍵となる業績や成功体験を記載します。部署および会社全体にどのような付加価値を与えることができるかを記載し、採用担当者を惹きつけます。また、チームとしての業績を幅広く語るより、自分がどのような役割を果たしたかを語ります。

レジュメはA4サイズで2ページが理想的です。厳選した情報を端的に記載します。年代順や、スキルや仕事の特質別といった何種類かの形式を使用することができます。


いかなる形式を選ぶ場合も、読みやすくするよう注意を払います。分かりやすい見出しを使って内容を分け、個人情報はレジュメの一番上に記載します。Arialなどの読みやすい一般的なフォントを使用し、サイズは10pt以上とします。

年代順のレジュメ

年代順のレジュメでは、雇用主ごとに職歴を記載します。並べ方としては、最新の仕事から新しい順に記載します。最新の職歴と関連する経験をより詳細に記すことができます。それ以外には、自己紹介、学歴、資格、趣味等を記載しますが、この形式が最も一般的です。

年代順のレジュメ例をダウンロード

スキルベースのレジュメ

スキルベースのレジュメでは、時系列に沿って職歴を記載するのではなく、これまでのキャリアで得たスキル、能力、経験を重視します。雇用主や業界ではなく、能力やスキルを強調します。自分のスキルセットがどこでも使えるものだということを伝えたい時に有効ですが、過去の仕事や役割の説明は限られたものになります。

スキルベースのレジュメ例をダウンロード

レジュメの内容をフォーマットに沿ってまとめた後は、使用している言葉と文法が基本的なルールに従っているかどうかを再度確認します。適切な言葉を使用することで、あなたのレジュメはより印象的になり、伝えたいことを読み手に理解してもらいやすくなります。

  • あなた自身、そしてあなたの業績をポジティブな言葉で説明します。
  • 自分らしい言葉を使用します。
  • リクルーターまたは採用マネージャーが求人・求職掲示板やデータベース上でレジュメを探す際に用いるキーワードを使います。ITマネージャーの仕事を探しているのであれば、レジュメには「テクノロジービジネスリーダー」ではなく「ITマネジャー」と書きます。
  • できるだけシンプルに。一言で済むところをくどくどと記載しないようにします。
  • 文章は短く簡潔に、複雑で長過ぎる文章では焦点がぼやけてしまいます。また、あなたのレジュメを読むリクルーターまたは採用マネージャーが飽きてしまう危険もあります。

話し方

  • プロフェッショナルな話し方を保ちます。話し言葉や俗語、汚い言葉を使用してはいけません。
  • 受動態ではなく、能動態で表現します。
  • 能動態とは「AがBを行う」といった表現です。受動態は「BはAによって行われた」という表現です。
  • 能動態の方が強く、自信に満ちた言い回しになります。/li>
  • 受動態では文章の主旨がぼやけ、メッセージの明確性やインパクトが失われます。

業界用語、頭字語

業界に関連のある専門用語を必ず使うようにします。リクルーターまたは採用マネージャーがキーワード検索を行う際に、あなたのレジュメが検索結果にヒットしやすくなります。ただし、レジュメを技術用語で埋め尽くすと、思い上がった人間性である印象を与え、レジュメそのものの内容が理解しにくくなってしまうことがあるので注意します。

一人称は省略する

  • 人称代名詞は使用しません。 「私は5名のチームを管理しました」ではなく「5名のチームを管理しました」と記載します。
  • 一人称の人称代名詞(私、私たち)は使用しません。あなたの氏名はレジュメの一番上に記載してあるので、レジュメの内容があなたに関することだということは明らかだからです。
  • 自分自身のことを三人称の代名詞(彼、彼女)を使用して記載するのを避けます。気取った感じになってしまいます。

言葉の力 -できるだけシンプルに

    時制に一貫性を持たせる

    時制を頻繁に変えてはいけません。

    • 現職について記載する際には現在形を使用します。.
    • 過去の仕事について記載する際には過去形を使用します。
    • 今までに行った仕事を羅列するだけのレジュメは避けます。常に主要な役割と業務について端的、そして正確に説明することを心がけます。
    • 常にプロフェッショナルな印象を与える内容にします。宗教、両親、兄弟姉妹に関する個人的な詳細、また小学校に関する詳細などはレジュメに含めるべき内容ではありません。
    • 応募する仕事に関係のないコースに関する情報を含めてはいけません。
    • 自身のスキルを大げさに書くことは避けます。自分の能力について嘘をつくと、面接で突っ込んだ質問をされたときに恥をかくことになります。
    • スペルチェックに頼らず、友人か家族に頼み、レジュメを校正してもらいます。
    • レジュメ上に説明のつかない空白部分を残さないようにします。経歴の間隔は必ず説明し、それについての質問に備えます。
    • 単なる仕事上の役割ではなく、業績に焦点を当てます。
    • 関連するキーワードを含めることで、リクルーターおよび会社があなたのレジュメを検索し、見つけやすくするようにします。たとえよく書けたレジュメでも、誰の目にも留まることがなければ何の役にも立ちません。

    レジュメを最大限に活用するために、インターネット上の求人・求職掲示板やリクルーティングウェブサイトへ掲載します。インターネット上に掲載する場合に、将来の雇用主やリクルーターに検索してもらいやすくするための方法がいくつかあります。

    レジュメデータベース上での閲覧率を上げる方法

    リクルーティング会社を通じて求職活動をしている場合、あなたのレジュメはほぼ確実にリクルーティング会社のレジュメデータベースに掲載されます。しかし、それとは別にリクルーティング市場に多数ある求人・求職掲示板のデータベースにもレジュメをアップロードします。

    リクルーターがレジュメデータベースで候補者を探す際にはキーワードで検索します。レジュメの閲覧率を上げるためには、適切なキーワードをレジュメに含めるようにします。

    • 説明的な言葉を使用します。検索プログラムは、特定のフレーズから検索結果を導き出します。
    • レジュメに使うキーワードの頻出度をチェックします。検索結果は、レジュメ上に現れるキーワードの回数に基づいて、適切な順に表示されます。
    • 関連性のないキーワードは避けます。あなたのスキルと経験は、レジュメを流し読みするすべての人に明確に伝えなければなりません。
    • レジュメの更新をオンライン上でも必ず行います。リクルーターは新しいレジュメのみを検索することがよくあります。レジュメを目立たせるためにも、毎月最新版をアップロードします。
    • あなたが働いている業界、扱っている製品に関連するキーワード、業界用語、頭字語や専門用語、肩書き(特にあなたの仕事に関する記述が複数ある場合)、専門分野、会社、システム、プロセスの簡単な説明を含めます。
    • 最も重要なポイントは、単にレジュメにキーワードを羅列しないということです。業務内容と、その業務にどのように取り組んできたかを簡明かつ知的に説明するためのキーワードを使用します。

    オンラインプロフィールを目立たせるためにヒント

    あなたがマネージャーレベル、または更なるキャリアアップを希望している場合、第三者があなたについて調べるために検索エンジンで探すことが十分考えられます。では、必ず見つけてもらうためにはどのようにすればよいでしょう。

    • ブログ-自分自身のブログページを立ち上げます。ブログからレジュメにリンクを張ることも忘れずに。
    • 自分自身のURLを購入し、ウェブサイトを作成-独自のドメインを購入することができます。ドメイン名は完全に一致させます。つまり、「あなたの氏名.com」またはorg、net、co.jp、org.jpといった具合にします。
    • Googleユニバーサル検索-写真、書籍、PowerPoint等、従来検索結果に表示されなかったタイプの文書が新たに表示されるようになりました。レジュメをPowerPointで作成し直せば、この新しいオンラインツールを利用してあなたのレジュメの可視性を高めることができます。レジュメをWordで作成しなければならないという決まりはなく、PowerPointを使えばMS Wordにはないデザイン機能を利用することができます。
    • PowerPointのレジュメが完了したら、検索エンジンでヒットするサイトへアップロードします。SlideShare(無料サービス)から始めてみると良いです。SlideShare上のPowerPointは、すべてグーグルから検索することが可能です。グーグルの検索結果としてPowerPointを簡単に見つけ出すことができるので、少なくともいくつかのキーワードがあれば、あなたが検索結果のトップに出てくるはずです。この仕組みを利用して、専門分野で信頼のおけるエキスパートとしての立場を構築します。
    • Google Docs(http://docs.google.com/)へレジュメを保管し、アカウントを作成し、そしてアップロードします。これで、あなたのレジュメに簡単にリンクを張ることができます。さらに、他の人々と協力し、あなたのレジュメをグーグルで検索してもらい、ウェブページに埋め込み、あなたのGoogle Docをウェブに公開することができます。これが一番重要なポイントです。 必ず、グーグルの検索エンジンによってインデックスされるようにしておき、リクルーターや採用マネージャーがあなたをネット上で見つけ出せるようにしましょう(共有オプションで「ウェブで公表する」を選択します)。さらに、あなたのレジュメへの、カスタマイズしたbit.lyリンクを作成しておけば、ネット上であなたのレジュメへのクリックをより簡単にシェアし、追跡することができます。
    • Youtube-人柄があなたの最大の財産であれば、YouTubeでそれをアピールするのもひとつの手です。ビデオレジュメは雇用主に、あなたの人となりについてのアイディアを与えるものとなります。ただし、全く違う理由でYouTubeの話題を集めるようなことにならないよう、注意が必要です。

    レジュメを送信、アップロードする前に、チェックリストで内容を再確認します。あなたのレジュメは、新たな仕事への扉を開き、大切な面接にこぎつけるための最も価値あるツールだということを忘れずに。将来の雇用主の目に触れる前に、レジュメが完璧であることを確認します。

    • 個人情報は最新のもので、見やすくなっているか?
    • 読みやすく、しっかり構成されているか?
    • 一番重要なスキルと経験が目立っているか?
    • 誤字、文法の間違いはないか?
    • 適切な言葉を使用しているか?
    • 過去の仕事で担った任務および役割のサマリーを掲載しているか?
    • レジュメは応募する仕事に合わせて変更されているか?
    • 無関係な情報が入っていないか?入っていたら、削除すること。
    • 読みたくなるレジュメか?
    • 雇用主やリクルーターがネット上でレジュメを見つけるための、関連キーワードが含まれているか?